Feature

定番の次はこれ! 人気の福岡グルメを食べ尽くせ!

食べることを目的に訪れる人も多い魅力的な食の街、福岡。代表的な豚骨らーめんやもつ鍋の他にも、博多っ子のソウルフードやローカルで賑わう“うどん居酒屋”など、知られざる地元グルメがいっぱい。歴史ある老舗から最新トレンドまで、ローカルが愛する福岡の味をご紹介。

従来のとり皮串とは一線を画す驚きの食感!

看板メニューの「とり皮」は、素焼きとタレ焼きを繰り返し、仕込みに6日間かけて仕上げる。余分な脂がぬけた皮は、表面はパリッ、中はモチッと程よい弾力を感じられ、しっかりとタレが染み込み絶品。「とりもつ」「豚バラ」など焼鳥メニューも充実する。 ほとんどの人が10本単位で注文する「とり皮」(1本108円)。脂の少ない喉の付け根の部位を使用しているため重たくなく、1人で10本ペロリといける。焼鳥にはキャベツが無料で付くのも福岡ならでは。キャベツはお替わり可能。

かわ屋 警固店
福岡市中央区警固2-16-10
TEL:092-741-4567
営業時間:17:00〜24:00(L.O.23:30)
定休日:なし
もっと知りたい

地元で人気の“うどん居酒屋”の火付け役。

ラーメンの印象が強い福岡では、今“うどん居酒屋”がブーム。壁一面のお品書きには、「雲仙ハムカツ」や「牛すじ煮込み」など80種以上の酒肴が並ぶ。〆はもちろん、程よいコシが残る自家製手打ちうどんで決まり。「ごぼう天」などお好みでトッピングも。 和ダシが香るうどん(550円)にごぼう天(250円)をトッピング。糸島産の小麦粉を使った自家製麺はモッチモチ! 福岡の地酒と一緒にいただこう。一品メニューの価格表示はなく、「値段を気にせず、好きなメニューを注文して欲しい」と、予算や人数に合わせて提供している。

二◯加屋長介
福岡市中央区薬院3-7-1
TEL:092-526-6500
営業時間:16:00〜翌1:00(L.O.12:00)、13:00〜(土・日・祝)
定休日:火
もっと知りたい

自家製麺との相性のよい濃厚な鶏×魚介スープ。

「ミシュランガイド福岡・佐賀 2014」に掲載された実力ラーメン店。昼は、限定15杯ほどの「濃厚鶏そば」(850円)や、縮れ麺の「中華そば」(750円)、平打ち麺を使用した肉うどんのような「肉宇宙」(700円)を味わうことができる。カウンター7席のみのため行列ができることも。 「濃厚鶏そば」(850円・限定15杯)。大量の鶏ガラを炊いて濃縮させた白湯に、昆布や干貝柱などで取る魚介ダシをプラス。まろやかな口当たりと旨味を楽しめる。

麺道 はなもこし
福岡市中央区薬院2-4-35 エステートモアシャトー薬院1F
TEL:092-716-0661
営業時間:11:45〜13:30、19:00〜22:00(昼、夜ともに売り切れ次第終了)
定休日:日曜
もっと知りたい

創業50年、地元で愛され続ける老舗鉄なべ餃子。

平日でもオープン前から行列ができる人気店。アツアツの鉄板のまま出されるひと口サイズの「博多餃子」が名物で、あんから皮まですべて店内で手作り。薄めの皮はサクッと軽く、肉汁と野菜の甘味が口いっぱいに広がる。ホロリと崩れるほど柔らかな「手羽元の煮」も美味。 「博多餃子」(1人前8個500円、写真は3人前)。口に入れるとサクサクの生地の中から、肉汁がジュワリと溢れ出る。鉄板で提供されるので、最後の1個までアツアツのまま食べられるのがうれしい。福岡県産の柚子を使った自家製柚子ゴショウと一緒にどうぞ。

博多衹園鉄なべ
福岡市博多区祇園町2-20
TEL:092-291-0890
営業時間:17:00〜23:00
定休日:日、祝日
http://www.tetsunabe.co.jp
もっと知りたい

福岡っ子に愛される、胡麻さば定食。

鮮魚をリーズナブルに味わうならこちらへ。創業41年、地元民も足繁く通う魚料理の老舗。銀だらみりん、ぶり塩焼、生鮭バター焼きなど旬の魚を使った定食が20種以上揃う。なかでも、秋口から旨味が増す真鯖を使った「胡麻さば定食」(1,300円)がおすすめ。 すり胡麻と練り胡麻を加えた“正福流”のゴマダレがたっぷり!特に、旬を迎える秋冬の真鯖は脂ののったプリプリの身を堪能できる(仕入れ状況により、提供できない場合あり)。目利きの店主が魚屋を数軒はしごし、魚を仕入れているため、質の高い魚を味わえるのだ。

味の正福
福岡市中央区天神1-11-11 天神コアB1F
TEL:092-721-0464
営業時間:11:00〜20:00(L.O.19:30)
定休日:水曜、第1・3火
http://www.masafuku.com
もっと知りたい

博多の水炊きでは珍しい、澄み切った黄金スープ

よく目にする白濁系の水炊きとは違い、透き通ったスープが自慢の水炊き専門店。「水炊き」は、まずスープから味わい、モモ・スネ肉で肉の旨味を堪能したら、さらにムネ肉・手羽・つくね、最後に野菜と、味の変化を楽しもう。料理のサーブはスタッフにおまかせを。 「水炊き」(1人前2800円、写真は2人前)。朝締めの鶏肉のみを使用し、丁寧に下処理をして炊き出したスープは、臭みがまったくなく、旨味が凝縮。食材を加えるごとにスープの味が変化し、飽きることなく完食できる。〆の雑炊orそうめんで最後の一滴まで飲み干して。

博多水炊き専門 橙
福岡市中央区大手門1-8-14
TEL:092-726-0012
営業時間:12:00〜22:00(最終入店20:30、L.O.21:30)
定休日:日※月曜が祝日の場合は営業、月曜休み
※水炊きの注文は、来店人数分を要注文
もっと知りたい

関連記事