独自のカルチャーを継承しながらアイヌの人々が暮らす集落を体感。

阿寒湖アイヌコタン

アイヌの人々が実際に暮らす集落(コタン)。神々がデザインされたモニュメントが並ぶエリアには、古式舞踊が見学できるシアターのほか、民芸店や飲食店が軒を連ねる。「民芸喫茶 ポロンノ」で伝統料理を堪能し、「熊の家」でアイヌの文様が施されたアイテムを手に取れば、アイヌの人々が受け継ぐ世界観に触れられる。

この地域で受け継がれる民芸品に囲まれながら、伝統的なアイヌ料理が味わえる「民芸喫茶 ボロンノ」。阿寒湖の豊富な魚・肉だけでなく、店主自らが採った山菜も使用する滋味あふれるフードはどれも絶品。

アイヌの民芸、阿寒湖の写真などが飾られた店内。ランタンを照明として使用した居心地の良い雰囲気。

同店で一番の人気を誇る定食がこちらの「ユクセット」(1,000円)。シカの肉が旨味を引き出したお汁の“オハウ”、豆・イナキビ・キトピロを一緒に炊き込んだご飯“アマム”、シャケ1本から1筋しか獲れない貴重な血合いを使った塩辛“メフン”の3品がセットに。

アイヌにまつわる書籍だけでなく、自然・グルメをはじめとする店主の郷右近さんの琴線に触れた本はいつでも閲覧できる。

店主の郷右近 好古氏。アイヌの伝統だけでなく、入山したときにクマと遭遇した経験など、釧路でしか聞けない興味深いことを話してくれる。

木彫りアーティストとしても活躍する藤戸康平氏のスーベニールショップ。伝統を踏襲した木彫り作品だけでなく、アイフォンケースやリストウォッチといった木彫りの技術を現代のライフスタイルに落とし込んだプロダクトも展開。

迫力のある作品をエントランスに配置。お店に入った瞬間に高揚感が味わえる。

店主の藤戸康平氏。こよなく愛するMTBにまたがり、山を颯爽と走るのが趣味。

藤戸氏の奥様が一つひとつハンドメイドで仕上げる「ヘアゴム」(各800円)。

魔除けの意味を持つアイヌの文様を落とし込んだ「前掛け」(3,800円)。タフな素材を使用しているので、普段使いはもちろんキャンプなどのアウトドアユースにも最適。

阿寒湖アイヌコタン

北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4-7-84
TEL:0154-67-2727

https://www.akanainu.jp

関連記事