ベストシーズンは1年中!文化と景色に酔いしれる旅なら飛鳥へ

江戸時代の面影を残す、橿原市今井町

「大和の金は今井に七分」と言われていた今井町。17.4ヘクタール程の地区内には約500棟と、全国で最も多くの伝統的建造物がある。国の重要文化財9件、県指定文化財3件、さらに市指定文化財5件と、江戸時代に自由都市として栄えた面影を残す町。

当時の雰囲気を感じながらゆったりできるカフェがたくさんあって、味覚でも楽しめるのが今井町!


歴史と大自然が共存する、橿原市醍醐町

藤原京の中心施設だった藤原宮の、赤い柱が残る「藤原宮跡(ふじわらきゅうせき)」。日本で初めて建設された本格的都城で、平城京や平安京を上回る規模だったとも考えられているそう。蓮や菜の花、コスモスなど、四季折々の花のカーペットを一目みたい!大地と歴史を前に、大きく、深く、深呼吸。

藤原宮跡
奈良県橿原市醍醐町
TEL:0744-21-1115

ヤマト王権の中心地域、桜井市阿部

奈良県の中部に位置する桜井市。 縄文や弥生土器、古墳が多く残っていて、ヤマト王権の中心地域だったとか。深い歴史と花や木々が溶け合う、他のスピリチュアルなスポットとは一線を画す地域!

「三人寄れば文殊の智恵」の格言で有名な、日本最大7メートルの国宝に指定されている文殊菩薩を訪ねて「安倍文殊院」へ。645年大化の改新に創建された、日本最古に属する寺院。拝観にはお抹茶の接待がいただける。文殊池に反射する四季の花は、絶好のフォトポイント。

特に、500本の染井吉野桜が咲き乱れる春は、花びらの海に呑み込まれたような錯覚を起こすほど!

安倍文殊院
奈良県桜井市阿部645
TEL:0744-43-0002
受付時間:9:00~17:00
定休:無し

国宝級の景色、桜井市初瀬

花の御寺(みてら)と称される「長谷寺」は、その呼び名の通り、花に囲まれた寺。
重要文化財である仁王門から本堂へ続く登廊の側には、12~1月は寒牡丹が、4~5月には鮮やかな牡丹が咲くことで有名。花見スポットとしても大変人気で、全国からの観光客で賑わう。


江戸時代の住宅がそのまま残る、高取町

古い町屋が残る、石畳の「土佐街道」。ここに並ぶ町屋のほとんどが、厨子二階(つしにかい)と呼ばれる平屋。厨子二階は屋根裏程度の広さで、武士を見下ろすことのないよう設計されたそう。今も江戸時代の景色が色濃く残っていて、気分はタイムトラベラー!土佐街道の正面には高取城跡が。

土佐街道
奈良県高市郡高取町観覚寺

小さな村に教科書がギュッと詰まった地、明日香村

中央集権律令国家の誕生の地、明日香村。のどかな田園風景の美しさは、「日本の棚田百選」にも選ばれたほど!

ここで絶対に乗っておきたいのが、定員2名の超小型モビリティ。
日本で唯一、全域が古都保存法対象地域になっているこの地を、滅多にお目にかかれない乗り物で駆け抜ける体験は、大人の旅ならでは!

MICHIMOステーション飛鳥
奈良県高市郡明日香村越13−1
TEL:0744-33-9090
営業時間:9時~18時
定休:年末年始

関連記事