呑んだ後のシメに相応しい人気居酒屋の創作料理。

ローカルからも人気を集める島料理専門の居酒屋が、シメとして提供する「うなぎのさねん蒸し」(500円)。ご飯に国産ウナギと特製の甘辛いタレをまぶしたひつまぶしのようなものに、奄美で「さねん」と呼ばれる月桃の葉で包んで蒸したもの。ショウガ科の月桃の香りがふんわりと漂い、風味豊かな一品は豊富に取り揃える黒糖焼酎にぴったり!

数ある黒糖焼酎の中でも、「甕仕込み」(500円)のものがおすすめ。富田酒造場の「龍宮」、山田酒造の「長雲」という2つの銘柄を用意。

マスターの栄 俊久さん。島を代表する画家・田中一村の絵に惚れ込み、1963年にオープンした自身の店に「一村」と名付けた。

音楽が好きなマスターらしく、壁や天井には自身が好きなアーティストのポスターなどが貼られている。島の人たちが集まって酒を酌み交わす、心温まる場所としても人気が高い。

居酒屋 一村

鹿児島県奄美市名瀬柳町12-4
TEL:0997-53-8333
営業時間:17:00〜23:00(LO22:00)
定休日:水

関連記事