台湾に残る活版印刷に触れ 旅の思い出を残して。

1969年に開業した台湾で唯一となる活字鋳造専門店。台湾に残る活版印刷の伝承者である2代目店主・張 介冠氏が活字を鋳造し、100年前に上海で生まれた楷書体に加え、ゴシック体の旧漢字や平仮名、カタカナの文字盤が一堂に。自分だけの活字印刷や名刺を作れば、奥深い活版印刷が身近に感じられる。

活字は無数にあるため、スタッフにお目当の文字とフォント、大きさを伝えれば、探してピックアップしてくれる。

活字を選ぶ際の注意点があり、バッグは棚に引っかけないよう入り口の棚に置き、一度手に取った活字は戻さず自動的にお買い上げ、そして活字は鉛を使っているので触った後はお手洗いを。

日星鑄字行(リーシンヂューヅハン)

台北市大同區太原路97巷13號
TEL:02-2556-4626
営業時間:9:00〜12:00、13:30〜18:00(土・日9:30〜12:00、13:30〜17:00)
月・火休

関連記事