店主の想いをカタチにした身体にも優しいジェラート。

老舗果物店のオーナー・川添政秀氏が「子供にも気軽に果物を味わってもらいたい」と、ジェラートの提供をスタートしたのが1996年。旬のフルーツと霧島高原の牛乳をブレンドしたジェラートは、果物の風味を最大限に引き出しながらとっても低カロリー。タンカンや紫イモといった鹿児島らしい食材をはじめ、常時14種類のフレーバーを用意。「2ディッシャー」で、2つの味を食べ比べてみて。

2つのフレーバーが食べ比べできる「2ディッシャー」(320円)。人気の紫イモは1年を通して味わえる定番。そのほかに夏はパッショ・マンゴーに、秋はマロングラッセ、冬はタンカン・キンカンと、季節毎であらゆるフレーバーが登場する。

「フルーツパフェ」(964円)。12種類ものフルーツを大胆に盛り付けたほか、イチゴとバニラのジェラートもトッピング。

フルーツパフェはオーダーが通ってから果物を丁寧にカッティング。

1/3のリンゴを使って焼き上げる「アップルパイ」(378円)。パイのパリッとした食感とリンゴのシャッキとした口当たりがヤミツキに。

果物店を営みながらジェラート専門店も手がけて忙しい毎日を過ごす店主の川添政秀氏。

併設された果物店には鹿児島名物の「桜島小みかん」を筆頭に、鹿児島の生産者から仕入れた新鮮なフルーツが並ぶ。

フルーツ&ジェラート さくらじま

鹿児島市武2-31-23
TEL:099-259-0665
営業時間:9:00〜19:00
不定休

http://www.sakurajima.co.jp

関連記事