Feature

知名度は全国区! 本場で食べたい鹿児島の味。

雄大な自然と歴史が育んだおいしい「さつまもの」。黒豚に白熊、さつまあげなど、全国にもその名を知られた逸品がたくさん。定番の鹿児島名物から、地元の人に愛され続ける素朴なお菓子、お土産にも人気の銘菓など、バリエーション豊かなラインナップで鹿児島の“うまかもん”をご紹介。

麺・スープ・具材が調和する三位一体の優しいあっさり味。

1950年の創業から変わらない味を追求し続ける「ラーメン」(並950円)。トンコツベースの“和風スープ”、黒豚チャーシューと千切りキャベツの“具材”、そして無かん水でコシのある“細麺”が一つに。三位一体となった老舗の一杯は、身体に優しくてあっさりとした味わいがクセになる。また、甘酢大根の漬物はいつだって鹿児島ラーメンのお供。麺の硬さ、スープの塩味加減はお好みに合わせて調節してくれる。

こむらさき
鹿児島市東千石町11-19
TEL:099-222-5707
営業時間:11:00〜20:30L.O.
第3木休
http://www.kagoshimakomurasaki.com
もっと知りたい

魚の風味を最大限に引き出した伝統の薩摩料理といえばこれ!!

鹿児島を代表する郷土料理といえば「さつま揚げ」(100g216円〜)。農林水産省からフードマイスターの認定を受けた3代目の有村興一氏が、鮮度の高い白身魚を厳選してさつま揚げに。どれも甘さは控えめで、多彩な種類がショーケースに。枝豆天ならマヨネーズをブレンドしたり、人参天ならざっくりとニンジンをカットしたりと、どれも有村屋独自のこだわりを注入。おやつだけでなくお酒の肴にもぴったり!!

有村屋 郡元本店
鹿児島市郡元2-18-4
TEL:099-251-0339
9:00〜18:00
日休
http://www.arimuraya.co.jp
もっと知りたい

滑らかなカスタードをふんわり生地に包んで♡

島津斉彬公のお声がかりでうまれた銘菓「かるかん」でも有名な菓子店の名物である「かすたどん」(1個108円)。ふんわりとしたスポンジ生地に、鹿児島のタマゴを贅沢に浸かった滑らかなカスタードで包んだ創作菓子。軽やかで優しい食感は、男性だけでなく女性でも何個でも食べられそう。冷たく凍らせると、シャーベットのような異なる食感が楽しめる。

薩摩蒸気屋 かるかん本舗天文館店
鹿児島市千日町15-1
TEL:099-223-6410
営業時間:8:30〜20:30
無休
http://www.jokiya.com
もっと知りたい

旨味のある黒豚と黄金色のスープ。ここだけのベストマリアージュをぜひ!!

今でこそ全国区の黒豚を最初に紹介した名店のしゃぶしゃぶ。肉の甘さと柔らかさを最大限に活かすべく、秘伝のまろやかなスープにくぐらせて食べるオリジナルのスタイルに。バラ肉はそのままスープに、ロースは地卵を溶かしたスープで召し上がるのがルール。しゃぶしゃぶはコースメニュー(昼3,240円〜、夜4,320円〜)のみで提供。 しゃぶしゃぶのコースには、野菜や小鉢、黒豚コロッケ、さらにはシメの特性手延細うどんなどもセットに。

黒豚料理あぢもり
鹿児島市千日町13-21
TEL:099-224-7634
営業時間:11:30〜14:30、17:30〜21:30
水休
http://adimori.com
もっと知りたい

素朴な味わいがたまらない昔から親しまれる郷土菓子。

江戸時代の末期に薩摩地方へ伝わったとされる「ふくれ菓子」(320円〜)。小麦粉・砂糖・タマゴをブレンドした生地に重曹を加えることで、シフォンケーキのようにふっくらと蒸しあがる。無添加の優しい味わいで、しかもふわっとした口当たりに。食べ応えたっぷりの「ふくれ菓子」は、プレーンや黒糖、抹茶、ココアなど7つの味がラインナップ。

まるはちふくれ菓子店
鹿児島市金生町7-21
TEL:099-227-5112
営業時間:10:00〜19:00
不定休
http://maruhachi-fukure.com
もっと知りたい

上から見ると白熊の顔!愛らしい姿のかき氷。

鹿児島名物“白熊”発祥の店がこちら。上から見ると白熊の顔に見えるのが名前の由来に。「スペシャル白熊」(1,080円)はミルク味のかき氷に8種類のフルーツを盛り、白熊の顔となるレーズンや砂糖菓子をトッピング。ボリュームたっぷりの一品ながら、カンナ削りの口溶けの良い氷と、門外不出という後味サッパリの蜜で女性でもペロリと食べられる。

天文館 むじゃき
鹿児島市千日町5-8
TEL:099-222-6904
営業時間:11:00〜21:30L.O.(日・祝、7月、8月は10:00〜)
不定休
http://mujyaki.co.jp
もっと知りたい

関連記事