One Day Tripper

立ち寄らないなんてもったいない! 大阪・堺の知られざる名店巡り。

関空と大阪を繋ぐ街である堺は、古くは諸外国との貿易が盛んで世界に向けて開かれていた貿易都市。多くの神社仏閣や町家、紡績工場跡など歴史を感じさせる街並みの中に潜む個性的な名店をのぞけば、また違った大阪の一面の虜に。

飾って“絵”になってくれる古道具とドライフラワー。

古き良き商店街に佇む学生服店を、古材で再構築してリノベーション。大工としての顔も持つ店主の辻 大樹氏がレトロな雑貨をセレクトしたほか、パートナーである福呂裕子氏が葉・実・花のドライフラワーを制作。どちらも飾るだけで“絵になる”ものが、空間を彩るように並べられている。季節の植物を組み合わせ、リースやスワッグにアレンジされたオンリーワンも多数。

八花堂
大阪府堺市堺区綾之町東1-1-20
TEL:072-248-5571
営業時間:10:00〜17:00(月は11:00〜)
月〜金休(月は不定営業)
もっと知りたい

店主の人柄がにじみ出るスローな時間が漂うカフェ。

築80年以上の長屋を店主の坂本尚之氏がD.I.Y.で温もりのある空間に作り上げたカフェ。「マスターと喋って気軽にコーヒーが飲める、古き良き喫茶店が理想なんです」と語る店主の朗らかな人柄に惹かれ、気付けば1時間以上も長居するゲストも多い。自慢のコーヒーはストロングとマイルドの2種類から選べ、それぞれ豆の挽き方やドリッパーを変えるなど、1杯ずつ丁寧に抽出してくれる。 コーヒーとスイーツが一緒に味わえる「ケーキセット」(700円)。ロールケーキはバタークリームが食欲をそそり、ほのかにコーヒーの味が広がるのもポイント。

アカリ珈琲
大阪府堺市堺区南島町2-59
TEL:072-229-3545
営業時間:11:00〜20:30(土・日〜22:00)
月・火休(イベント出店時に臨時休業)
もっと知りたい

堺の伝統的な暮らしを今に伝えるゲストハウス。

宿泊は堺で暮らしてきた市井の人々の生活が体験できる2016年にオープンした宿へ。千利休の言葉である「市中の山居」からインスパイアされた2部屋は、ともに都会の喧騒を忘れさせてくれる静かな6畳の間。この町で生まれ育ったクリエイターが先住から受け継いだ文化を現代的に蘇らせた。併設するカフェでは、地元の野菜にこだわった朝食が食べられる。

サカイノマ レジデンス 熊
大阪府堺市堺区熊野町西1-1-23
TEL:072-275-7060
全2室 10,800円〜/1泊2名1室
http://sakainoma.jp
もっと知りたい

夜の市場に長蛇の列が出現!堺の名物天ぷら専門店。

深夜0時というオープンながら、平日であっても開店前から行列のできる天ぷら専門店。伝票に書き込んでスタッフに渡す気取らない庶民的なスタイルで、オーダーが通ってから揚げる絶品の天ぷらを提供。日替わりで約60種以上のネタが用意され、大根おろしがたっぷりと入った天つゆとのベストマリアージュが味わえる。

天ぷら 大吉
大阪府堺市堺区栄橋町2-4-28 堺魚市場内
TEL:072-233-8418
営業時間:0:00〜9:30(土日祝23:00)
月休(日曜深夜)
もっと知りたい

堺の原風景を感じさせる町家に世界中のグッドデザインが調和。

欧米を中心にセレクトされたヴィンテージの家具や証明のほか、日本人作家の器などが一堂にラインナップ。毎年のように世界最大の家具見本市「ミラノサローネ」へと足を運ぶなど、海外のインテリアに造詣の深い店主の藤谷鉄弥氏がグッドデザインを紹介する。築130年以上という町家の趣を残した佇まいもポイント。堺の原風景を感じさせる空間だからこそ、シンプルモダンなプロダクトがより美しく見える。

藤谷商店
大阪府堺市堺区桜之町東1-1-13
TEL:090-3288-4657
営業時間13:00〜19:00(土・日・祝のみ営業。その他はアポイント制)
不定休
もっと知りたい

茶の湯文化発祥の街で味わうお茶に特化した極上のスイーツ。

1850年に堺で創業したつぼ市製茶本舗。戦災で移転したものの、戦争で唯一焼け残った看板を堺へと戻すべく2013年にカフェをオープン。元禄時代に建てられた裏庭も美しい町家を改装し、開放感と落ち着きのあるモダンな空間へとリノベーション。茶鑑定士が厳選した最高級の抹茶やほうじ茶を贅沢に使用するオリジナルスイーツはどれも絶品。

茶寮 つぼ市製茶本舗 堺本館
大阪府堺市堺区九間町東1-1-2
TEL:072-227-7809
営業時間:11:00〜17:30L.O.(物販10:30〜)
火休(祝日の場合は営業)
http://www.tsuboichi.co.jp/saryo
もっと知りたい

関連記事